ハイヤーで特別な演出を実現できる

ドラマや映画のワンシーンでハイヤーが登場するときには、大会社の役員を乗せたり、取引先の役員を迎えに行ったりなど、高級なイメージがあります。車種を見ても高級車がほとんどで、見た目には大型の乗用車が多くなっています。外見だけでなく内装も立派なので、公共の乗り物感覚で乗るものではないというのが一般的なイメージではないでしょうか。

ドライバーの接客もグレードが高く、車を降りる際にドアを開けてエスコートしてくれるスタイルはハイヤーならではです。グレードのいい高級車で送迎をしてくれますし、ドライバーによって痒いところに手が届くような細かいサービスを提供してもらえるので、会社にとって大切な取引先を迎える場合でも、失礼がありません。

高級なイメージやビジネスにおける用途から、日常的な使い方ができることは想像しづらいかもしれませんし、タクシーのような手軽さとは程遠いと思っている方もいるでしょう。しかし、ハイヤーは私たちの生活にとても身近な存在になりました。ハイヤーの特徴を最大限に活かした場面で利用されることが多い傾向にあります。

まず、家族にとって特別な日にハイヤーを使うことが身近になりました。例えば結婚記念日のお祝いです。通常結婚記念日と言えば、ホテルのレストラン等を予約してお祝いする方も多いでしょう。このとき、どちらかが自家用車を運転する場合、運転手はお酒を飲むことができません。

そこでタクシーを使う方法もありますが、せっかくのお祝いですから、雰囲気を大事にするためにハイヤーをレストランまでの移動手段に利用する夫婦が増えてきました。ドレスアップした夫婦の姿に高級感溢れるハイヤーの雰囲気はぴったりです。レストランに到着するまでの間、特別で素敵な時間を過ごすことができます。

その他、ちょっとしたサプライズにハイヤーが使われることも多くなりました。パートナーの誕生日をお祝いする流れでプロポーズをするという演出も人気があります。事前に打ち合わせを済ませておくので、途中でドライバーが相手に伝えてしまうようなことは絶対にありません。プロポーズをするタイミングを事前にしっかり担当者と打ち合わせをすることで、スムーズで感動的な瞬間が訪れます。生涯忘れることのない大切な思い出になるでしょう。

特別な演出に関しては、担当のプランナーから様々なアドバイスをもらうこともできるので、初めてハイヤーを使う方も安心して気軽に相談することが可能です。